太陽光発電システムを導入するに当たり一番気になることといえば導入するときのコストということになります。
導入するときのコストが高いということで二の足を踏むような人も多くいます。
実際に太陽光発電システムを導入するときにはどのくらいの値段がかかるのかということが気になってきます。
一般的には太陽光発電システムを導入するということになりますと、太陽電池モジュールやパワーコンディショナーなどの機器の値段とこれらを取り付けたり配線したりする工事費を合わせた値段および電力会社に申請したりするなどの諸経費の3つの値段が必要になってきます。
これら3つ合わせた値段の目安としては150万円から250万円といったところでしょうか。
太陽光発電システムは基本的には家屋や屋根などの現地調査をしたうえで決定するオーダーメイドシステムということになりますので、価格としては自宅の状況によりケースバイケースということになります。
一般的には新築時に太陽光発電システムを導入したほうがリフォームによって太陽光発電システムを導入するよりも安く済むということが言えます。
築年数がかかってしまいますと、場合によっては屋根を補修しないといけなかったりします。
やはり設置工事業者に現地調査をしてみないとやはり正確な値段は出すことができないということになります。
太陽光発電システムを導入するときには当然ながら設置工事業者に対して複数の見積もりを出すということになります。
その際に注意してもらいたいことはどういう内訳になっているのかということを見るということです。
内訳をみてみてどういうことにどのくらい費用が掛かっているのかということを比較しながら見てみるといいかもしれません。
最後に諸経費として挙げられるのが電力会社に対して系統連系契約を結ぶ際の申請手続きの代行であったり、各種補助金の申請手続きの代行というものがあります。
これらについては自分で申請してもいいですし、面倒であれば業者に代行してもらうのもいいでしょう。