設置の流れ

Filed in

家庭に太陽光発電システムを導入するということになりますとまずは情報収集を行うことになります。
太陽光発電システムについて下調べを行うということになります。
どういう太陽光発電システムを導入するのかということであったり、太陽光発電システムのメリット・デメリットであったり、どの業者を選ぶのかということなどを調べたりします。
近所に太陽光発電システムを導入したということであればどういうものかを聞きに行ってもいいでしょう。
ここで情報収集を行うことはこれから行うべき業者選びや見積もりの時に役立つことになるでしょう。
ある程度どういう太陽光発電システムを導入したいのかということが決まったということであれば、太陽光発電システムを設置工事をしてもらえる業者に相談したり見積もりを出してもらうということになります。
業者選定については太陽光発電システムを導入するために一番重要なポイントになりますので、複数の業者から見積もりをとるようにします。
見積もりを出してもらうということだけでなく、アフターサービスのことなど不安点があればいろいろと相談するというのも大事になります。
どこの業者と契約を結ぶのかということが決まったら、実際に契約を結ぶことになります。
契約を結ぶと共に国や地方公共団体の補助金を申請することになります。
契約を結ぶ際には導入した後のメンテナンスのことなどを詳細に聞いておきます。
あとは設置工事に向けて事前の打ち合わせなども行います。
設置工事は実際のところ2日前後で終わるということになります。
設置工事は屋根に太陽電池モジュールを取り付けるという作業と屋内で電気配線工事を同時並行で行うということになります。
工事が終わったら太陽光発電システムが正しく作動するのかなどを確認します。
また電力会社と売電ができるように電力需給契約を結びます。
以上のことが終わりますと太陽光発電システムが完全稼働するということになります。